header_img

伊藤伸二ビデオ
バナー・吃音相談室
バナー・OSP
OSPレクバナー
神戸吃音教室バナー



<カルタ教材>学習・どもりカルタ(解説書付き)

全国のことばの教室でどもりカルタを実践する子どもたちの「読み札」500作品の中から、投票で選ばれた44作品に、どもる子どもの母親がカラーの「絵札」を描いた。読み札に、子どもの思いの解説を加えたため、解説書を読むだけでも、吃音の学習ができる。カルタは、日常生活に入り込むほど馴染みが深い。テーマを自ら抱える問題に絞り込むために、吃音の体験や、吃音への思いや考えを比較的たやすく表現できる。吃音臨床の学習教材として使える意義についてまとめる。

・気持ちや考えを言語化することによるカタルシス効果がある。

・五七調の17文字程度の定型は、作りやすく、音のリズムは声に出して記憶しやすい。

・作ったものを推敲し、話し合い、ことばを入れ替えることで意味が深まる。

・メッセージ性のある読み札で、新しい考え方、価値観に出会う。

・吃音の思いや考えをとらえ直し、読み札に込められた体験や思いを想像する力を育てる。

「そうそう、私も同じ」と共感し、ほっとし、「そうか、こんな考え方もあるのか」と新しい発想、価値観に出会う。覚えやすいために何度も口ずさむことで、自分自身のものになっていく。勇気づけになる。今回のこのカルタに込められた44通りの吃音への思いが、勉強という肩肘張ったものではなく、楽しく遊びながら吃音について学び、そして吃音とともに生き抜く力へと結びつく。

~『学習・どもりカルタ』解説書のまえがきより~


定価 1,200円(送料当方負担)(2010.08)


【郵便振替でのご注文】
[郵便振替口座番号]00970‐1‐314142
[口座名]日本吃音臨床研究会
・この振替口座は、会費や参加費、出版物の購入などが、一つの口座で処理されます。ご送金の際、必ず通信欄に「本のタイトルと冊数」を明記して下さい。