header_img

バナー・吃音相談室
バナー・OSP
神戸吃音教室バナー
a

イベントのご案内

※それぞれのイベント毎にお申し込み方法が異なるためご注意ください。

2019年度 第8回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会
どもる子どもとの対話 ~子どものレジリエンスを育てる~

 私たちは「どうしたら吃音と共に豊かに生きることができるか」を、どもる子どもたちや家族と一 緒に考えてきました。吃音は世界中で100年以上研究されてきましたが、原因も根本的な治療法も解 明されていません。私たちは吃音を治すことはできませんが、対話することはできます。その中で、 多くのどもる子どもや大人と関わり、吃音をマイナスのものとしない生き方があること、そして子ど もたちは深く考え、語ることができることを知りました。 そこに至る過程の中で見えてきたのが「対話のもつ力」であり、この私たちの気づきを支えるのが 先入観なく子どもの話を聞く「無知の姿勢」や「その人が問題ではなく、問題が問題である」と問題 の本質を見極める、ナラティヴ・アプローチとの出会いでした。さらに、今回示された「特別支援学 校学習指導要領解説・自立活動編」には、指導例として「吃音について学び、吃音をより客観的に捉 えられるようにする」が、具体的な内容として「吃音理解に関する本を一緒に読む中で、吃音に対す る『分からない故の不安』の軽減を図る」ことが挙げられています。これは私たちがこれまで行って きた「どもる子どもとの対話の実践」に通じるものです。この講習会では、こうした取組の中で、私 たちが大切にしていることを、どもる子どもの保護者や成人のどもる人も含む参加者のみなさんと共 に見つめ直し、整理していこうと考えています。また、どもりながら、ろう学校の教員として仕事を 続けてきた佐々木和子さんに、どのように日常生活をサバイバルしてきたか、インタビューや参加者 のグループでの話し合いを通して、彼女のレジリエンス(回復力・逆境を生き抜く力)を探ります。 全国のどもる子どもの保護者、ことばの教室の担当者、関係する教師、言語聴覚士と一緒に、日ご ろの実践を捉え直し、新たな展望を開くために、熱く、楽しく、有意義な時間を作りましょう。

実行委員長 辻 大輔(三重県津市立修成小学校)


日時:2019年8月3・4日(土・日)

 8月3日 09:45~19:15

 8月4日 09:00~16:45

場所三重県教育文化会館 5F・大会議室

三重県津市桜橋2-142

TEL 059-228-1122


参加費:6,000円


主 催:吃音を生きる子どもに同行する教師・言語聴覚士の会

 NPO法人大阪スタタリングプロジェクト

後 援:NPO法人全国ことばを育む会


※「第8回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」の詳しい趣旨、内容については、下記PDFをご覧ください。
☆「第8回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」案内



問合せ先:日本吃音臨床研究会

 〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526

 TEL/FAX 072-820-8244


参加申し込み方法

申し込み用紙(PDF版)にご記入の上、下記に郵送してください。
☆「第8回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」参加申し込み用紙(PDF版)

 千葉県千葉市立花見川第三小学校 黒田明志

 〒262-0046 千葉県千葉市花見川区花見川1-1


または、申し込み用紙(Word版)にご記入の上、下記に送信してください。
☆「第8回 親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会」参加申し込み用紙(Word版)

 第8回吃音講習会受付担当 黒田明志

 kituon-kosyukai@live.jp[左記の「@」を半角に]


参加費の送金

申込書の送付と同時に、郵便振替でご送金下さい。

口座番号 00960-0-282459 加入者名「吃音講習会」

※参加申し込み書と参加費の入金確認ができた時点で、正式参加申し込みとします。両方の確認 ができましたら、受講票をお送りします。当日、受付で受講票をご提示下さい。



2019年度 第4回 新・吃音ショートコース
吃音哲学 ~吃音の豊かな世界への招待~

 大阪吃音教室では、毎週、さまざまなテーマで、どもることについて、どもる人の人生について、考え、話し合う中で、たくさんのどもる人の人生をみつめ、また、自分の問題を深く考えてきました。しかし、平日の金曜日はどうしても仕事で参加できないという人もおられますし、また時間的制約でひとりひとりの問題に時間をかけることは難しいです。そこで、大阪吃音教室の拡大版のような、新・吃音ショートコースを企画しました。

 吃音について、人生について、参加者ひとりひとりの希望・要望にこたえながら、一緒に考えましょう。


日時:2019年6月15・16日(土・日)

 15日 13:00~21:30

 16日 09:30~17:00

場所大阪市立東淀川区民会館

(阪急京都線「淡路」駅東出口から南東へ徒歩約12分)

〒533-0023 大阪市東淀川区東淡路1-4-53

TEL 06-6379-0700

会場への詳しい地図(PDF 約400KB)もあります。


参加費:5,000円

(研修費です。宿泊費、食事代は各自ご負担ください。)

(宿泊、ホテルは各自でご予約下さい。阪急「淡路」駅は「梅田」駅から4つ目。大阪市内ならどこでも便利です。)


※「第4回 新吃音ショートコース」の詳しい趣旨、内容については、下記PDFをご覧ください。
☆「第4回 新・吃音ショートコース」案内



申込み・問合せ先:日本吃音臨床研究会

 〒572-0850 寝屋川市打上高塚町1-2-1526

 TEL/FAX 072-820-8244


参加申し込み方法

下記用紙にご記入の上、日本吃音臨床研究会にFAXまたは郵送してください。
☆「第4回 新・吃音ショートコース」参加申し込み用紙


参加費の送金

申込書の送付と同時に、郵便振替でご送金下さい。

口座番号 00970-1-314142 加入者名「日本吃音臨床研究会」

※送金の際の半券を、当日、受付でご提示下さい。半券が、参加証になります。



出版物のご案内

どもる子どもとの対話 -ナラティヴ・アプローチがひきだす物語る力-

[伊藤 伸二&国重 浩一 編著]
2018年12月出版(金子書房) 定価 2,376円(税込み)
ご購入は 郵便振替で 2,376円をご送金下さい。送料当方負担でお送りします。

口座番号 00970-1-314142(加入者名 日本吃音臨床研究会)

お問合せは TEL:072-820-8244 またはお問合せフォームにて



どもる子どもとの対話


 「吃音に対する否定的な物語」を書き換えることが大切だとする、ナラティヴ・アプローチ。
 そのために、子どもと親、子どもとことばの教室の担当者や言語聴覚士に、どのような対話が必要か、ニュージーランドの大学院でナラティヴ・アプローチを学んだ臨床心理士の国重浩一さんと、吃音を生きる子どもに同行する教師・言語聴覚士の会の仲間たちがディスカッションして作り上げた本。どもる大人のナラティヴが変わった体験も紹介。
 どもる大人にとっても、より豊かに生きるためのヒントが満載です。


ナラティヴ・アプローチとはなにか

 国重浩一さんが分かりやすく解説。


ナラティヴから読み解く、吃音の特徴と吃音問題の本質

  吃音に対する否定的な物語と、「吃音は治る、治すべきだ」との言説が人生を縛ったと考え、その物語を書き換えていった伊藤伸二が、吃音に悩み始めた原因と、悩みから解放されていったきっかけを整理。世界の吃音研究・臨床の動向やさまざまな領域から学び、対話を続けたことを基に、吃音の特徴と吃音問題の本質を解説。


どもる子どもの吃音の否定的なストーリーを肯定的なものに書き換える共著者としての実践

☆初めて子どもと出会うとき ☆吃音チェックリスト・吃音の氷山 ☆言語関係図 ☆どもりカルタ ☆吃音キャラクター ☆当事者研究
 実際に対話している、ことばの教室での11の学習場面を紹介。


それぞれのナラティヴが変わる

 どもる子ども、どもる大人、どもる子どもの親、言語聴覚士、ことばの教室の教員の体験。
☆世界的なミュージシャンのスキャットマン・ジョンの体験
☆世界的な小説家のデイビッド・ミッチェルからのメッセージ
☆消防士になりたいという夢をもっていたひとりの青年のインタビュー
☆大阪吃音教室の仲間、山本直美さん、藤岡千恵さんの体験も収録。
☆言語聴覚士の池上久美子(カナダ・アルバーター大学吃音治療研究所)さんの、自身の経験を丁寧にみつめ直し、「吃音を治す、改善する」の考え方から変わっていった体験。北米の吃音事情の貴重な報告も収録。


伊藤伸二が語る、「どもる君へ」の16のメッセージ